「じゃあ聞くけど看護師のいったい何が大変なの?」

みなさん、三度目まして。

この前マレーシア旅行に行って、帰りの飛行機をふつうに乗り過ごしました(格安旅行のはずが)

恥ずかしいので「電車の遅延で乗れなかった」って嘘をついたけど、本当はごはんを食べてたら飛行機だけ先に帰って行ったよ(そんなことある?)

たまに自分の行動が本気で理解できない事がある

どーも、フリーランス看護師のユナです。

 

今回の話題はこれ。

「看護師は大変って聞くけど何がそんなに大変なの?」です。

合コンなどで職業を言うと「看護師って大変だよね」ってコピペのように言われるけど「何が大変だと思う?」って聞き返すと「だってオムツ変えたりするんでしょ」「責任あるし」って言われる。

オムツを替えるのなんて、汚いとか大変とかそう言う気持ちは一切ないしチョチョイのチョイだよ。

ちなみに「看護師って何してるの?」これもよく聞かれる質問で「何してると思う?」って聞き返すと「ち、注射とか・・・?」「患者さんの世話・・・?」ってアバウトな返答がきます。

みんな看護師のイメージがざっくりしてる。

そりゃそうだよね。入院しても看護師の表の姿しか見れないし、ナースステーションという裏側で何が起きているか、看護師が1日何を考えて仕事をしているかなんてわからない。

「フリー素材 看護師綺麗」の画像検索結果

じゃあ、一体看護師の何が大変なんだ!?

今日はそんなあなたの想いに答えたい。現役ナース(言ってみたかった)が解説します。

看護師の何が大変って、多重業務が大変だと思う。

ナースは常に頭の中で優先順位をつけて、行動計画を立て、動いています。
簡単に言うと「Aさんの心臓が止まった」などの生命の危機に関わるもの→時間でやるべきこと→「Bさんが散歩に行きたいと言っている」などの命に関わらないもの(これも大事なんだけどね)の順番で片付ける。

仕事の内容としては、患者の検温、全身状態の把握・管理、医療処置・点滴や内服薬などの確認・配薬、清潔を保持するための陰部洗浄・清拭・シャワー介助・足浴などのケア、着替え、リハビリ・検査・手術の送り迎え、入院・退院時の書類作成、病室の環境整備、ベッドサイド話を聞いて情報収集、患者さんとのコミュニケーション、死後の処置など、なんでも屋さんです。

これを踏まえてナースの1日を紹介します。

病院の看護体制や制度によって差はあると思うので、参考までに。

病棟に来たらまず、受け持つ患者さんの情報をカルテ拾う。

(その人の今の病気、過去の病気、ここ1週間の体調、バイタルサインに問題ないか(熱はないか血圧は大丈夫かなど)、今日の検査や手術などのイベントの有無、点滴のオーダー、内服薬の有無と時間、今日のケア(洗髪、清拭、足浴など)、ドクターからの指示をカルテで確認する)

普段は5.6人の受け持ちですがわちゃわちゃになったので
今回は受け持ち患者さんを3人に選抜します。

今日は最高にイケてるメンバー(患者)を紹介するぜ!

「フリー素材 お年寄り」の画像検索結果

(じぃじとばぁば、かーわーいーいー!)

Aさん 糖尿病で認知症あり 11時に血糖測定 今日はお風呂に入る日

Bさん 本日、胃がんの手術(10時〜14時まで)

Cさん 9時から胃カメラの検査 食後にお薬ある

(わかりやすいように簡易的にした)

この情報収集が終わったところで、私たちの頭の中はこんな感じになってます。

今日はこうやって動いていこう!と優先順位をつけてタイムマネジメントします。そうすれば17時の定時までに仕事が終わる!と希望を抱いてタイムマネジメントします。

これは時間でやるべきことだけ書いたので、空いている時間で

患者の検温、全身状態の把握・管理点滴や内服薬などの確認、清潔を保持するための陰部洗浄・清拭・シャワー介助・足浴などのケア、着替え、リハビリ・検査・手術の送り迎え、入院・退院時の書類作成、病室の環境整備、ベッドサイド話を聞いて情報収集
など

をこなします。

この朝の情報収集の時点で2パターンがある。

・「今日はもう無理だ。」  悟りをひらくパターン
・「今日はなんとか行けるかも」17時上がりに希望が見えるパターン

おっ!?今日はなんだか17時までに仕事終わりそうですよね(上の図参照)

ここで、聞いてほしい。このままスムーズにことが進むことがまずない。

なんでかって?お前の容量が悪いだけじゃないのか?って?
答えはNoよ、だって相手にする患者さんは人間だもの(ユナを)

予測不可能なことも、起こります。ていうか、予測不可能なことが多いです。

例えば。

よし、今からこれをやって、あれをやろう!と思っている時の「フリー素材 ナースコール」の画像検索結果

・「トイレに連れて行って欲しいんだけど」トイレ至急求むナースコール
・「なんだかお腹がいたいの」腹痛コール
・「ねぇ、ちょっと来て」要件を言ってくれないかな?ナースコール

・認知症の人がベッドから離れると鳴り響く、センサーマットコール
転ばれると看護師の責任なのでいち早く駆けつけます「フリー素材 認知症」の画像検索結果

 

そしてドクターからの

お医者さんのイラスト(医療)

 

・「さっき指示変えたから確認して」サラッと言われる

指示変わったくらいでなに?って思うじゃん。

でもね、患者に投与する薬剤の変更や、尿量や血糖値や血圧の指示の変更、投与する時間の変更など、どれも1つ取り間違えれば患者の命に関わる事もある。だから慎重に、的確に、1人ではなく2人でダブルチェックするので1度目の前の仕事を置いて、手と足を止めなくちゃいけない。

・「今日13時に処置する事になったからよろしく」不意に声をかけられる急なイベント

あー、先生。お言葉ですが13時はAさんの食事介助があるんですよー、なんて言えない。基本的に私たち看護師が合わせる。先生忙しいからね。

・「Aさんヤバイなー。今日緊急で手術するから家族呼んで。」当日決まる手術、これ1番キツイ

「フリー素材 手術」の画像検索結果

 

→家族に電話、カンファレンスルームを予約、医師から家族への説明に同席、手術のオーダーが出るのでパソコンで受ける、必要な書類作成、患者さんの手術部位の毛をそる、体を拭くorシャワー、着替えさせる、点滴作る、繋げる、手術室まで連れて行く。一連を記録に残す。ここまでが仕事。

それに加えて

救急車のイラスト

 

・「緊急入院来るよー。誰か取れる人いる?」みんなパツパツな日もあるが、仕方がない。不可抗力である。
・「○○号室のBさん、急変です!」一気に看護師がわーーーッと集合。この時の看護師の素早さって尋常じゃない、目にも留まらぬ速さよ。
・「Aさん、ステり(亡くなり)ました。」病院だからね、人が亡くなる。そうなると担当が付きっきりになるので他の受け持ちの患者さんを他のスタッフにバトンタッチしたりする。

そんな感じで、状況が変わるたび、新しいイベントが入るたび、頭の中の計画を組み直しながら1日フル稼働します。時には1つ2つ問題が重なるだけじゃなくて3つ4つ同時進行で問題が発生する体力的にもキツイけど、頭も使う。11時頃には低血糖状態。

患者の命を背負いながら、問題が起こらないようにリスクマネジメントをし、それでも起こる予想外の問題を次々に解決していく多重業務が1番大変かな。

一般企業と違うのは、自分のミスで失うのが人の命である事。

だいたい私の病棟では17時30分過ぎた頃から(この時点で定時は過ぎてる)チラホラとナースステーションに戻ってきて、座って記録に入る人が増えます。看護師の残業の8割はこの「記録」と言う名の、残業です。

帰ればいいじゃん!」って言われるけど、記録は自分で入れなくてはいけないっていう法律があるので、どんなに終わらなくても人には頼めません。「週末に回せばいいじゃん!」これも法律で禁じられてます。カルテは何かあった時の証拠になるので、その日にちと時間で記録し、記録した時間もパソコンに記録されます。

受け持つ患者さんによって仕事の重さが変わるので「その日にならないと今日終わる時間がわからない」のがネック。「今日はデートだから絶対19時までに終わらす!」と思っても、受け持ちの患者さんの状態で帰れない日もある。

実際にそれで10回くらいデートすっぽかしている。看護師の彼女、彼氏がいる人はデートをすっぽかされてもどうか怒らないであげてね。お姉さんとの約束だぞ。

看護師は自己肯定感が低くて「私なんか」って思ってしまう人が多いと聞くけど、日々これをこなしているあなたは凄いよ。自分を褒めてあげてください。

って事で、今日も読んでくれてありがとうございました!またねー!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です